キッチンカーの新スタイル

次世代キッチンカー、新しいスタイルのキッチンカーとはどういったサービスなのでしょうか。キッチンカーの可能性は今後ますます広がりそうです。

より高いクオリティを追求した商品メニューの開発やキッチンカーによる感動体験の演出はもちろん、ネットビジネスを牽引したり食をコミュニケーションツールとした新商品を企画したりと可能性は無限大です。キッチンカーを購入する事が出来る専門店まで出てきています。

たとえば野菜の移動販売。昔からある業態とも言えますが、近年は消費者が安心して食べられる野菜や果物へのニーズが高まっています。新鮮で採れたての野菜であるのはもちろん、消費者からは生産者や売り手と近い距離でのコミュニケーションも求められています。

大阪市を中心に野菜販売をしている八百屋の移動販売も新しい取り組み。オーナー自ら和歌山や奈良にまで足を運び、小さくてもこだわりをもつ野菜農家を訪ねています。

農薬を使わない旬の野菜や独自の手法で育てられたフレッシュな野菜を市内まで運んで移動販売。健康ブームの影響もあってかスーパーと比べると少々高めの値段設定でも足を止めて何度も来てくれるお客さんが増えてきたと言います。

最近は産地や味の特徴について質問してくれる顧客も多く、気づけば様々な野菜の話をしながら接客する毎日。近郊の農家でとれた野菜についてお客さまに直接説明できるのは最高のやりがい。どの農家にも様々な個性がありそれぞれにこだわりを持って育てられた野菜は美味しい。その旨みを一人でも多くのお客さまに伝えられたらと思います。

はじめは取引先の農家の畑を手伝いに行って野菜のあれこれを教わり、そうすることで取引先から少しずつ信頼を得ていったそう。最近では「この時期にこんな野菜が欲しい」などといった消費者の声を農家の皆さんに逆にこちらから伝えられるように。

日本の食文化に貢献できているという充足感をえながら人生をより豊かにしているオーナーも少なくありません。

許可があれば開栓されたアルコールのサービスもOK

キッチンカーは、保健所から「飲食店営業」か「菓子製造業」か「喫茶店営業」の営業許可を取得しますが、キッチンカーでアルコールを販売したいときは必ず「飲食店営業」の営業許可が必要になります。

そうすればキッチンカーでも開栓した状態のアルコールなら販売してよいということになります。また、キッチンカーで未開栓のままアルコール類の販売をしたいという場合。

じつは移動しながらの販売は残念なが営業許可はおりません。そもそもアルコール販売に関する法律が厳しいため、都道府県条例でも移動販売の酒類提供を禁じている地域があります。

キッチンカーのように移動しながらの開店ではなく、まずは一か所拠点を決めて屋台のように営業する。そうすれば一般の飲食業とほぼ同じ扱いとなりますので、開栓した状態のアルコールならば販売してもよいということになります。同じお酒でも提供方法の違いによって管轄の省庁と必要な許可や免許が異なります。

アルコールを飲める状態で提供するために必要な許可は「出店の地域を管轄する保健所」による「飲食店営業許可」となりますが、製品としての酒類の販売は「国税庁」による「酒類販売業免許」の取得が必要になります。

注意すべきは普通の飲食店では種類を提供する際、未開栓のままではお客さまにお渡しはできないということ。キッチンカーも同様に、飲食店営業許可を取得すれば開栓した状態のアルコール販売はOKでも未開栓のお酒はNGということ。

たとえば料理と一緒に缶ビールを開栓せずにそのまま持ち帰り用として提供したいとしても、移動販売はお酒の販売所として認められていないため不可となるのです。

キッチンカーは「酒類販売業免許」が得られないため、違反すると厳しく罰しられますので注意しましょう。いずれにしても営業予定地域の保健所の相談窓口に事前に連絡してみることをおすすめします。

世界各地のおもしろキッチンカー

アジアでは古くから屋台文化がありますが、特に東南アジアではキッチンカーなどの屋台は「庶民の台所」ともいわれ日常生活になくてはならない存在です。ほとんどのお店が昼ごろから夜間まで営業し、多種多様な食品がテイクアウト用として提供されています。

また、簡単な椅子とテーブルを備えて道端で本格的な料理をサービスしてくれるお店も多く見られます。一般的には値段が安く味も満足のいく場合が多いため地元民や観光客からは大変人気です。

たとえば日本人観光客も多いタイのバンコクでは、街中のいたるところに屋台があり1年中賑わいを見せています。おなじみのタイ料理をはじめガッツリ系のおかずや軽いおつまみまで色々なメニューが揃っています。

女性に人気のハーブティやアジアンスイーツ、なかにはちょっと驚くようなブタの丸焼きに虫の唐揚げなど、日本ではなかなか見られない料理もあります。

ユニークといえばアメリカのお祭り屋台やフードトラックも負けてはいません。アメリカ各州自慢のローカルフードを使った様々なファーストフードだけでなく、ジャンボトリプルハンバーガー、とうもろこしアイスクリーム、フライドピーナッツバターピクルスなど、いかにもアメリカンな面白メニューがたくさんみられます。

カナダ全域でもキッチンカーは広く用いられ、メキシコ料理からグリルチーズサンドイッチに至るまで幅広い料理が提供されています。新鮮なインド料理を提供することで人気を博したキッチンカーが、カナダ国内最優秀新レストランとして評価されたこともあるそうです。

またヨーロッパでもフードトラックビジネスは盛んです。フランスのワッフル、生牡蠣、焼き栗をはじめ、ドイツのホットワインやソーセージ、スペインの生ハム、パエリヤ等のキッチンカーが世界中の観光客から人気です。

ベルギーではフライドポテトのキッチンカーが古くから見られ、毎年5月にヨーロッパ最大のキッチンカーフェスティバルが開催されています。