場所の使用許可を申請する際

道路、公園の使用許可についてです。道路の使用に関する法律は、「道路交通法、第77条・道路の使用許可」「第32条・道路の占用の許可」などです。使用するには管轄する自治体、警察署長の許可が必要になります。公園の空きスペースの場合は、公園管理者への申請になりますが、大型公園では「都市公園法、第6〜8条・都市公園の占用の許可」などが関連します。どちらも、個人の申請が許可されることはほとんどありません。それでも問い合わせしてみましょう。それだけの価値があります。常に場所や空間の特徴を観察しておきましょう。好条件と思われる場所には出店交渉をしましょう。大型スーパー、ショッピングセンター、イベント会場、屋台村、商店街の入口、ビルの軒下、閉店後の店舗前、個人宅の駐車スペースと場所ごとに交渉ポイントも違います。調査を怠らないようにしましょう。